タイヤの盗難が増えています!

タイヤの盗難で警察に行くと・・・

どんなデザインのタイヤか?

タイヤのメーカーやパターンは?

ホイールのハブの径は?

と、いろいろきかれることになります

万が一のときのために
タイヤの写真を撮っておく

1.ナンバープレートとタイヤを一緒に

ナンバープレートとタイヤを一緒に撮影すると誰のものかが特定しやすくなり証拠としての信頼性が増します。

2.ホイールを大きく撮影

ホイールのデザインがしっかりわかるように。4本とも撮影しておく。タイヤのメーカーやサイズ、パターン名もわかるように撮影するとよい。

3.タイヤの製造年週を撮影

タイヤの製造年週を4本とも撮ると証拠能力がアップします。

4.ホイールの裏側も撮影

ホイールの裏側にとりつけるバランスの重りには特徴があります。これも証拠として高い価値があります。

5.タイヤ接地面を撮影

タイヤの残り溝や偏摩耗の仕方に特徴があるかもしれません。石が挟まっているのも特徴です。

6.タイヤ接地面を撮影

プラットホームに色を塗っておくのも特徴としては良いと思われます。

7.タイヤ接地面を撮影

ホイールによってハブ径が異なります。ホイールのハブ径を測っておきましょう。

万が一のときのために、写真を撮っておくことで
重要な証拠になります。
ぜひ、写真を撮っておいてください。

よしっ!写真撮っておこう

買い取りについて

トップページ | 社会貢献・ボランティア活動 | 重要事項説明 | アクセス | 広報・媒体 | 会社概要 | 採用情報 |個人情報の取扱いについて