安くて安心養老ベースのオイル交換

安い!!

エンジンオイル交換

軽自動車1台\1000、普通自動車1台1リットル\500

安心の部分合成油を使用

車種によって適切な粘度「0W20」「5W30」「10W30」を使用いたします。
3000kmごとの交換がおすすめです!

ハイブリット車・・・「プリウス」や「アクア」低燃費の軽自動車などは0W20をおすすめします。

一般的なガソリン車・・・には5W30をおすすめ。

ディーゼル車・・・には10W30をおすすめ。

オイルエレメント(オイルフィルター)取替

軽自動車1台(スズキ・ダイハツ)オイルエレメント\1000、取替工賃\1000

軽自動車(スズキ・ダイハツ)のオイルエレメントは在庫がございます。
軽自動車でも上記以外のメーカー(ホンダ・三菱・スバルなど)の物は在庫がない場合がございます。その場合はお取り寄せとさせて頂きます。(普通車はすべてお取り寄せ)

※輸入車・特殊車両などのオイルエレメント取替は取替工賃が異なることや取替ができないことがあります。

オイルに関する豆知識 意外と知らないエンジンオイルの重要性と長持ちさせる方法

エンジンオイルには 「5w-30」や「0w-20」などの表示や、「100%化学合成油」「部分合成油」「鉱物油」などと表示がありますが何を意味しているの?

エンジンオイルはオイルの粘度の他、ベースオイルにも注目しないとなりません。

「化学合成油」「部分合成油」「鉱物油」。これらのベースオイルにはどのような違いがあるのでしょうか?

3つに分類されるベースオイル

化学合成油

高品質で値段が高い

不純物を可能な限り排除した高純度のエンジンオイルを「化学合成油」または「100%科学合成油」と言います。

寒い時期でもエンジンの始動性が良く、オイルの劣化がしにくい上に、蒸発性も低いのでオイルがムダに蒸発しないのも特徴です。

高性能、高品質なので値段が高く、車をレースに使用する人かよほどの車好きでないと使用するのを躊躇してしまう高級オイルでもあります。

部分合成油

鉱物油の苦手とする部分を化学合成油でおぎなう価格と品質でバランスがとれた混合オイル

鉱物油と化学合成油の混合オイルです。その成分のほとんどが鉱物油ですが、鉱物油が苦手とする部分を化学合成油の成分で補うよう設計されています。

値段は化学合成油ほどではありませんが、毎日長距離走行する車や高速道路に乗る機会が多い車におすすめ。

価格と品質でとてもバランスのとれたベースオイルです。

※養老ベースで使用しているベースオイルになります。

鉱物油

一般的に一番普及しているベースオイル

昔ながらのエンジンオイル。現在一般的に一番普及しているベースオイルで価格が安い分、耐熱性能や酸化に弱いのが特徴です。化学合成油にくらべれば、エンジンの始動性や燃費、維持などは劣りますが、こまめに交換すればなんの支障もなく走行できる品質は維持されています。

オイルエレメント(オイルフィルター)の役割と交換時期

オイルエレメントはエンジンオイルを濾過するために必要な部品です。

オイルエレメントが詰まる原因とその交換時期をご説明いたします。

オイルエレメントの役割

エンジンオイルはエンジン内を循環してエンジン内の機能を正常に保ちます。同じオイルがエンジン内をぐるぐる巡っていると、だんだんオイルが汚れてきます。オイルエレメントはそんなオイルの汚れを濾過する役割をもっています。

循環するオイルの汚れを濾過するので、フィルター部分に汚れが蓄積します。

オイルエレメント詰まりの原因はフィルター部分に付いた汚れなのです。

オイルエレメントを交換しないままでおくと、スラッジやカーボンがどんどんたまって、フィルター詰まりを起こしエンジン内を巡る汚れたオイルがエンジントラブルの原因となってしまいますので、エンジンオイル同様に定期的な交換が必要です。

交換時期

オイルフィルターの交換時期は、エンジンオイルと一緒に交換すると良いとされています。

オイルだけ交換しても、長い間オイルエレメントを交換していない場合だと、オイル交換した直後から「汚れたオイルが混ざったオイル」が循環する事になってしまいます。

一般的にはオイル交換2回のうち1回の割合でオイルエレメントの交換をするのが理想です。

オイル交換のタイミングは車の使用条件などによって様々で、例えば雪道、山道を走行する車、長距離ドライバーなどは、

オイルもオイルエレメントもこまめに交換する必要があります。

エンジンオイルに何かトラブルがあった場合は車内の警告灯が教えてくれますが、オイルエレメントの不調を自動的に教えてくれるシステムはありません。なるべく分かりやすく定期的に交換する事がおすすめです。

定期的に交換することで、車を長持ちさせることができる!

トップページ | 社会貢献・ボランティア活動 | 重要事項説明 | アクセス | 広報・媒体 | 会社概要 | 採用情報 |個人情報の取扱いについて